育毛の仕組み

悪くなった血行の流れを元に戻す

体の全身には血液が流れています。主要な部分には大きな血管が届いていて、細かい部分には毛細血管が張り巡らされています。血液の役割はいろいろあり、その一つとして栄養分を体中に送る点が挙げられるでしょう。体のいろいろな部分が健康的に機能しているのは、血液がしっかり行きわたっているからといえるでしょう。一方不調があるときは血流がうまく流れていない可能性があります。髪の毛の成長が良くないなら、頭皮の血行が悪くなっている可能性があります。育毛剤を使った育毛では、悪くなった血行を促進する成分が入っています。頭皮から直接塗布すると、血行が改善して髪の毛に栄養が行きわたりやすくなります。髪の毛が育ちやすくなり、薄毛の悩みなどが改善します。

髪の毛が成長するための栄養分を与える

食事から栄養分などを摂取しますが、その栄養分を体中に送るのは血液の役割です。血液がドロドロだったり、血管に異常があると、血液の流れが悪いために栄養分が行きわたらないときもあります。育毛をしたいのであれば、血行を改善する方法を取るのがいいかもしれません。ただ血行の改善は人によっては時間がかかります。今すぐに頭皮に栄養を与えたいときもあるでしょう。育毛の方法として、直接頭皮に栄養分を与えるものがあります。頭皮にとって栄養となる成分が含まれる育毛剤があり、それを直接頭皮につけます。頭皮から毛根に栄養分がしみこみ、その栄養分を使って髪の毛の成長が促されます。血行促進タイプと併用すると、良いかもしれません。