なぜ生える?

抜ける原因が解消されれば生える

多くの人が年を取りたくない、老いたくないと思っているでしょう。でも必ず年齢を重ね、老化は進みます。抜け毛も老化現象の一つであるのは確かで、若い人に比べると高齢者は抜け毛が多くなります。しかし、まだ老いるには早い人も薄毛で悩むときがあります。なぜ薄毛になるかですが、それは老化以外の髪の毛が抜けたり成長しにくい原因があるためです。そこで、その原因を解消すべく育毛剤を利用します。抜け毛の原因がなくなりますから、抜けにくく、成長しやすくなります。なぜ生えるのか不思議に感じるかもしれませんが、理屈としては簡単といえます。ただ、原因は人それぞれ微妙に異なるときもあります。自分に合った育毛剤を使わないと生えないときもあります。

休止をしているだけな復活が可能

頭皮には多くの毛根があります。さらに一つの毛根から何本もの毛が生えます。体のどの部分よりも毛量が多いのはこのためです。しかしいろいろな原因によって地肌が少しずつ見えてきて、さらには全く生えていない部分が出てきます。頭皮の毛根全てから髪の毛が生えない状態になるときもあります。髪の毛が生えない状態に関して、2つの状態が考えられます。一つは毛根がすでに機能しない、死んだ状態です。この状態だと今のところは復活は難しいようです。もう一つは休止状態です。機能はしていないものの死んではいません。育毛剤をつけると生える時がありますが、休止状態の毛根に働きかけてもう一度活動するようにしているからです。休止状態なら復活が可能です。